Parallels Desktop for Mac の Windows XP を再インストールした

MacBook と共にすでに長い付き合いとなっている Parallels だが、どうもこの頃色んな面で調子が悪くなってきた。

1)そもそもディスク食い過ぎ(60GBのHDDの内、Windowsで20GB)
2)Parallels のバージョンアップしてからUSBマウスが動かない
3)Parallels のバージョンアップしてからキーバインディングがおかしい

と、言う訳で再インストールなぞしてみました。

特に重要ファイルは置いてないのでバックアップなしに仮想ディスクを削除。
キモチイイ〜。


仮想ディスクファイルを自動拡張(Expanding)できるようになってた!

再インストールする際に仮想ディスクのイメージを作成するのだが、以前はWindows用のディスク容量を指定すると同じファイルサイズのイメージが作成されていた。つまり、インストしただけの状態なのに20GBとか!当時から VMware で作られるイメージファイルは必要分だけファイルが大きくなる使用だったため、何とかならんかなぁと思ってたらいつのまに(いつのバージョン)か Expanding が選べるようになっていた。

Parallels

しかも、こっちがリコメンですな。(当たり前か)
で、以前の教訓も踏まえ少なめの10GBに設定して作業を進めた。
Mac と Windows のファイル容量のバランスは人によって考え方があるんだろうけど、あくまで Mac が親で Windows が子な関係なので子供が少ない取り分で良いと思っている(例えが良くわからんね)。実際、使って行くと作業ファイルについては共有機能を使って Mac でも Windows でも同じファイルをいじる事ができるので、そういう意味でもWindows用の容量はあまりいらないと思う。

※共有の設定の仕方(自己流)の説明は別の機会にします。


で、現在OS入れてWindowsUpdateしたくらいですが、なんか清々しいです。
Windowsについてはシンプルな構成を心がけようと思います。


Parallels Desktop for Mac
Parallels Desktop for Mac
プロトン 2006-11-11
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 通常版 Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版 Apple Mighty Mouse Wireless Mighty Mouse MA272J/A ATOK 2006 for Mac CD-ROM Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil