MacVim-Kaoriya を Mac OS X 10.4 Tiger で使う場合

MacVim

先日のエントリーでMacVimをインストールしてみた件を書いたのですが、MacPortsでインストールしたものでした。ですが、Vimの中では有名な「香り屋」パッチをあらかじめバンドルした「MacVim-Kaoriya」というのが存在していてそちらの方が使い勝手が良さそうでした。
macvim-kaoriya - Google Code

実はこのkaoriya版もMacBookにインストールしてあるのですが、同じ構成にしようと会社のマシン(Tiger)にインストールしたところ正常に起動しませんでした。その件を書いた所「MacVim-Kaoriya」の提供を行っているsakamotoさんより直接コメントを頂き無事Tigerにもインストールする事ができました。

まあ、今時Tigerかよ!という話はおいといてw

sakamotoさんのブログにアナウンスもでていました。

MacVim部分はTigerでもいけるんですが、Vimで使ってるlibintl.dylibがTigerで動きませんでした。

via: splhack: MacVim KaoriYa on Tiger (Mac OS X 10.4)

とりあえず問題のライブラリを差し替えれば動きますが、次バージョンでは修正されたuniversal版が出る事でしょう。

MacVim-KaoriyaをMac OS X 10.4 Tigerにインストールする方法

まずは、普通にbinaryをダウンロードしてきます。
Downloads - macvim-kaoriya - Google Code

このエントリーを書いている時点での最新は、macvim-kaoriya-20090511.dmg でした。
dmgを展開して出て来た MacVim.app を /Application フォルダに設置します。

次に坂本さんのブログにあるようにライブラリを差し替えます。
こちらからダウンロード/展開しておきます。
http://macvim-kaoriya.googlecode.com/files/libintl.zip

一応元のライブラリをバックアップをとっておきました
$ cp /Applications/MacVim.app/Contents/Frameworks/libintl.dylib /Applications/MacVim.app/Contents/Frameworks/libintl.dylib.org
ダウンロードしてきたファイルで上書きします。
$ cp libintl.dylib /Applications/MacVim.app/Contents/Frameworks/libintl.dylib

これで、改めてMacVimを起動すると正常に立ち上がりました。

最後に

わざわざコメント頂き、パッチまで作って頂いたsakamotoさんに感謝です。
ありがとうございましたー!

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil