金○蔵で九死に一生を得た話

2013-12-03_kinnokura

最近、相方に似てきたのかおっちょこちょい度が急上昇していると(我が家の中だけで)話題のヤガーです。こんばんわ。

すっげーくだらない話なんですけど、ちょっとこれはブログに書かざるを得まいということで書いてみます。今日のお昼はたまに利用する会社の近くの某激安居酒屋のランチ営業でご飯食べたんです。メニューは4種類くらいしかなくて(ちなみに今日は時間が遅かったからか2種類しかなかった)別にまあ旨くもなんともないわけですが、渋谷なのに定食が500円台で食べれてドリンク飲み放題っていうコスパの高さはサラリーマン的に嬉しいわけであります。

今日はちょっと油物控えようかなと、ダイエットしてるふりして「まぐろ丼」にしたんですが、無愛想なおっさん店員(多分お店の責任者)がぶっきらぼうにサラダですと差し出してきたお皿を見て「(いや、これただのキャベツの千切りだよね)」と心のなかで呟きながら、スーパーで買ったばっかりみたいなマグロの刺身パックから器に移しただけみたいな丼を美味しくいただいたわけです。

で、そんな日常の風景はどうでもよくて問題は会社に戻ってきて午後の会議の最中の事。

「ヤガーさん、金○蔵からお電話なんですけど?」

ええ、一瞬意味が分からないわけです。普通、金○蔵から会社に電話きませんからw とはいえ昼に食いにいってますからよくよく考えるとなんとなく要件が想像できてきます。そう、お財布忘れてきちゃったんです。

電話越しに、なぜかしどろもどろの店員さんが「お財布忘れていたようなんですが、名刺が入っていたので連絡しました」と説明してくれました。ボクは、財布をヒップバッグに入れて忘れず身につけているのですが、なぜか今日はそのバッグを椅子に掛けたまま出てきちゃったみたいなんです。ここのランチは自動販売機で先にチケットを買ってセルフサービスでメニューをお盆に取っていく学食スタイルなので、食後にはお財布使わないのです。ちなみに、そのバッグには定期入れも入っているので無くなっちゃたらかなりの痛手です。

近所ですから、打ち合わせが終わってすぐに引き取りにいきました。昼間ぶっきらぼうだったおっさん店員は愛想よく笑いながら「一応中身確認してくださいね。後で、何か無くなっているとなっても困りますから。ヘッヘッ」といって忘れ物のバッグを渡してくれました。幸い忘れ物のなかでなくなったものはありませんでした。

いやー、本当に危なかった!助かった!

それにしても、お昼休みのお客さんのピークが過ぎたころに行ったのもツイてたかもしれませんが、お店の人がちゃんと保管してくれて良かった。まあサービス業としては当たり前なのかもしれないけど、心無い人も多いじゃないですか。東京恐いし。
しかも、正直普段のサービス内容からあまりお店として信用していない部分もあったりしたんです。でも、今回の対応はとても好感のもてるものでした。いや、なんかもう大逆転!(?)

いやー、良かった良かった。これはもうMacBook Proポチるしかないな。
ちょうど、金○蔵でも話してたんですよぅwww

APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3/2.6GHz Dual Core i5/8GB/512GB/Iris Graphics) ME866J/A
B00G55EJTW

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil