Eye-Fi Pro X2 16GB Class10 発売記念ブロガーイベントでアイドル社員を激写!

000

先週「"Eye-Fi Pro X2 16GB Class10"発売記念ブロガーイベントを(2012年11月14日)開催します」という募集を知り申し込んでいたのですが、見事抽選に通りましたので参加してきました。

Eye-Fi」自体はこのブログを読んでくれているみなさんには説明不要かもしれませんが、Wi-Fi機能を内蔵したSDカードでデジカメで撮影した写真をワイヤレスでクラウドサービスにアップロードしたり、PCやスマホに転送したりできるスグレモノなんです。写真好きのボクとしてはもちろん猛烈チェックしていた製品なんですが、予算の関係でまだ持ってなかったんですねぇ。32GB class10が2000円以下で買えちゃう時代ですし。

で、新製品の説明と体験もできるとの事で喜び勇んで行って来ました。

体験(撮影会)のためにEye-fiの初期設定をすることに...

001

会場に着いて早々、参加者一人ひとりに新しいEye-fiカードを1枚いただいて初期設定をすることに。ボクは完全に初めてなのでアカウントを作るところからやる必要がありましたが、ファーストインプレッションを大事にしたいと思い、あえてあまり事前に調べずに参加していたのでなかなか難しかったです。

今回、ダイレクトモード(Eye-fiからスマホに自動転送)を体験するとのことで、Eye-fiカードとスマホ(ボクはiPad2を持って行きました)のマッチング(このペア同士は通信してOKっていう設定)をする必要があったのですが、Eye-fi自体はただのSDカードなので設定はUSBリーダーをPC(MacBook)に差し専用アプリケーションをインストールして行います。iPadにも専用アプリをインストールする必要がありますが、登場人物が「Eye-fiカード」「PC」「スマホ」と3つもあるため混乱をよびやすい気がします。

設定画面はチュートリアル形式になっているので、ちゃんと読めば分かるのですが、それでもやっぱり分かりにくい...。周りの参加者の方も苦労していた感じがします。というわけで、この設定編については別のエントリーでまとめようと思います。(今回新製品ですが今までのEye-fiと手順は同じです。あしからず)

新製品「Pro X2 16GB Class10」の紹介と、Eye-fiの便利な裏ワザ

002

イベントには、初来日というEye-Fi創業者兼プロカメラマンのZiv Gillat氏が参加していたのでご本人からのプレゼンを、アイファイジャパン社長の田中大祐氏の通訳でお聞きするという貴重な機会となりました。

003

でも、まずは乾杯して飲み食いしながら聞いてくださいとのこと。
お気遣いありがとうございます!

004
ピザや...

005
お寿司などをいただきました

006
で、Eye-fiのダイレクトモードの設定が済んでいれば、撮った写真がどんどんiPadに読み込まれていくんです!なるほど、こりゃすごい!

007
ファーストモデルの基板レイアウトだそうです。

008
こちらは実際の基盤の写真。貴重な資料をみせていただきました。

009
左側は初代Eye-fi。class表示がないのは現在の規格に合うほどの速度がでなかったからとのこと。あえていうなら「Class0」だったそうです。

010
そして、最新のEye-fiは直近の8GBから16GBに容量増加。
速度もClass6からClass10になって、他の最新SDカードモデルに引けを取りません。

さて、このClass10にグレードアップした速度がどんなものか、Ziv氏がデモをしてくれることに。

011
連射モードにして、しばらくシャッターを切り続けるとバッファ(カメラの内蔵メモリ)を使い切り、連続シャッターの間隔が長くなり間にSDカードへの書き込み処理が入ります。このバッファが埋まった状態から全ての画像をSDカードに書き込み終わるまでの時間を計測します。

013
SDカードへの書き込み中はグリーンのランプがついています。ですからランプが消えるまでの時間をおねーさんがタイマーで図っているのです。先代Class6と最新Class10で同じ計測を行ったところ・・・

  • Class6 ... 23秒
  • Class10 ... 18秒

と改善している事が分かりました。

さらに、プロカメラマンでもあるZiv氏からEye-fiならではのTip'sを紹介していただきました。

014
まずは、プライベートと仕事の撮影での使い分けについて。

  • 週末プライベートの場合
    • 最大サイズ・最高画質のJPGで保存
    • Eye-fiダイレクトモードを使って、モバイルに転送
    • モバイルから、Eye-Fi View、自宅のMac、SmugMugに転送します
  • 仕事の撮影の場合
    • RAWとJPGを両方保存
    • 低解像度のJPEGはEye-fiカードからiPadに転送
    • iPadをモニター代わりとして照明の具合やメイクの確認などを行います
    • ShutterSnitchというiPadアプリを使うと撮影情報も表示されて便利
    • RAWは転送せずにカメラの中(こちらはCFカードを使っているっぽい)
    • RAWとJPGを保存してても先にJPGをアップロードということもできる

なるほどー、ボクはRAWで保存しなければならないようなシビアな撮影はありませんが、この選択はとても説得力のあるものです。

015
こちらは、Lightroomを使っている画面。
Lightroomと連携できるPluginを持つ、PhotosmithというiPadアプリもよく使うそうです。

016
撮影した写真はZenfolioというプロ用の画像ホスティングサービスにアップロードしているそうです。ギャラリー機能から写真の販売までできるようですね。

と、ここでZiv氏のプレゼン終了。次はお待ちかねの...

アイドル社員 種ちゃん 撮影会

017
Eye-fiの体験ということですが、モデルも豪華です。
アイドル社員 種ちゃんを撮影することができるとのこと。
参加ブロガーの期待も高まります。

019
まずは、Ziv氏がお手本の撮影。いそいそと準備をしています。

020
照明は2灯。ちょうど真ん中くらいに立ってもらいます。あまり下がりすぎて後ろのスクリーンに近づくと影が目立ってしまうなど、細かい注意点もアドバイスしてくれました。

021
種ちゃんはアイドル社員ということでOL風の制服で登場です。

022
撮った写真はすぐにiPadに転送されて、確認できるから便利!

023
Ziv氏「おおう、こんなにたくさんのEye-fiが集まるのは珍しいから自分のアクセスポイントがどれか分からないよ〜ww」

024
種ちゃんもリラックスしてきたようです。

025
さてさて、いよいよ参加ブロガーも一人2分の持ち時間で交代して撮影です。
参加ブロガーからは殺気さえも感じますww

制服とチアリーダーの衣装(!)のどちらかを選びますが、ボクは照れ過ぎて制服をチョイス。

026
他のブロガーが写真を撮っている間もちょこちょこ撮ったり、参考にさせてもらったりしましたが、その間にディスプレイしてあった歴代Eye-fiがズラ~とならんだコーナーもチェックしました。

・・・で、いよいよボクの番っっっ!

027
名刺交換をした後に、まずはオーソドックスに立ってもらって撮りました。
うっわー、照れる!これはヤバイ。視線こっちにくれないでください...いや、ください。

028
さきほど見ていた製品のディスプレイカウンターでアップ目で。
これを、ボクのピックアップ1枚目に選びました。

029
コンデジを持って行ってたので、逆取材風にこっちを撮って下さいとお願いしてみました。
超アップで楽しそうな表情が撮れたかな?これを2枚目にピックアップ。

で、この写真を撮ってる間に、本当にコンデジのシャッター切っててくれたみたいなんです。
その時の写真がこんな。

030
スッゲークリアに撮れてたりww

んで、このあと種ちゃんは衣装チェンジで一旦退出したので、その間に新製品の発売をケーキでお祝い!

031
なぜか、Ziv氏と田中社長が楽しそうにケーキカットw

032
ロウソクも消しちゃいますよー!
この後ケーキはみなさんに振舞われました。

んで、再度登場した種ちゃんはチアリーダー!

033
これは、ボクの番じゃないですが遠くから撮らせてもらいましたw

というわけで、緊張やら興奮やらで真っ白になりっぱなしだった撮影会が無事終了。

Ziv氏、種ちゃん、みたいもん!のいしたにさんが審査員として、参加者が2枚ずつピックアップした写真の中から受賞作品を選びます。この辺でとりあえず撮影が終わってほっとしつつも、他のブロガーさんとも少ししゃべれてようやく楽しくなってきた(遅っ)

そして、

なんと、

ボクの1枚目の写真が、いしたにさん賞として入賞してしまいました!
もう一度はっときます!

028

モデル撮影なんかしたことないので、ほぼノープランだったのですが、とりあえず種ちゃんが可愛いので無難に撮れば間違いなく可愛いだろうというものすごい守りの写真だった気がしますw無地のスクリーンの前ではなくてカウンター越しという背景があって、なおかつ明るい場所で撮れたのも結果良かったのかも。要するにラッキーパンチです。

他の方の写真も、Facebookイベントのページで見ることができますよー!
「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」発売記念ブロガーイベント

034
というわけで和やかに進んだブロガーイベントも無事終了。
緊張したけど、楽しかった!ありがとうございました!

まとめ

撮影会で舞い上がってしまいましたが、Eye-fiの便利さは十二分に体感することができました。ダイレクトモードの設定しか試していませんが、オンラインフォトストレージにもアップロードできるし、PCにも転送できる。この辺はZiv氏が紹介してくれた実用的な例を参考に自分なりの設定を試して見る予定です。てか、使ったEye-fiカードそのままお持ち帰りOKだったー!太っ腹ー!

というわけで、Eye-fi設定編も近日公開!ww

そして、予想はしていましたが会場にひらくPCバッグのなんと多いことかw とれるカメラバックの人もいましたが、これはもうブロガーイベントバッグとしても公認レベルですね。あと、いしたにさん賞をゲットしたボクは「何らかの」バックがもらえるらしいんです。もうちょっというと「ひらくPCバッグじゃない何らかの」バッグですねwいや、ラッキーすぎる!

ブロガーさんとのお話も刺激を受けます。良い機会をありがとうございました!

▼他の参加ブロガーさんの記事

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10
B00A2DEPQK

できるポケット Eye-Fi (アイファイ) 公式ガイド 写真がもっと楽しくなる基本&活用ワザ 70
4844331515

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil