TwitGIFのTwitter API制限対策を行いました

TwitGIF

だいぶ前に公開していた、TwitterのつぶやきをアニメーションGIFでパラパラ表示してくれるブログパーツ「TwitGIF」ですが、おかげさまでたくさんのユーザーに使って頂いており、今では海外からの利用も多くなって累計で3000人以上のユーザーさんがBadgeを利用しています。

利用ユーザーの増加により、Twitter APIの利用回数制限に頻繁にかかってしまうようになり、正常な結果を返せない状態が続いておりました。今現在、1時間に150回までのアクセスが許可されていますが、ユーザー数と比べると全然たりないですね。

そこで、利用制限に影響のないWEBページからのデータ取得に切り替えてサービス運用するように変更しました。

WEBページからの情報取得(スクレイピング)にはYahoo!Pipesを利用していますが、これについては、別エントリーにて解説しようと思います。

また、この変更によって正確なPOST日付の取得が難しくなったので、badgeでの表示はとりやめています。ただ、Pipes経由での取得になってもそれほどパフォーマンスの低下がみられないのでむしろ良かったかなぁなんて思っています。

さてさて、そんなTwitGIFですが人気のあるフォーマットは以下の二つです。

Twitter / yager
■OneLiner(一行表示)
コンパクトなのでヘッダーなどにも使いやすいです。

Twitter / yager
■SideBox(サイドバー用)
ブログのサイドバーにぴったりのオーソドックスな縦長型

色もカスタマイズ可能ですのでぜひご利用ください。
あと、なかなか表示されないとか不具合があるばあいもお知らせいただければと思います。

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil