クラリオン Smoonavi NX710レビュー02:ナビゲーション機能を使ってみる

NX710_02_01

みんぽすさん経由でモニター利用させてもらっている、クラリオン Smoonavi NX710のレビュー2回目は実際にナビを使ってみました。

自宅を登録する

まずは、自宅を登録してみます。「自宅の場所はわかるよ」と思うかもしれませんが、どこかにでかけた帰りは必ず自宅に戻ってくるわけで、"自宅への帰り道"が一番頻度の高い検索となるはずなので、絶対に登録しておきましょう。自宅へのルートは他の登録地よりも簡単に呼び出せます。

まずは、下に並んでいるボタンからドアのようなマークのものを押すと一番上の写真のような画像になるので、「設定」を押します。

NX710_02_02
「ナビゲーション」を選択します。

NX710_02_03
「登録地の編集・削除」を選択

NX710_02_04
「自宅」を選択します(未選択の場合はそのように表示されています)

NX710_02_05
色々な方法で場所を指定できますが、自宅の場合は住所などからやるのが早いと思います。
ここではあえて、名称で検索してみます。

NX710_02_06
ありえないことですが「東京タワー」を検索します。
検索時にはちゃんと部分一致による予測候補を随時出してくれるので、候補にないキーボードは無効になります。「とうきょうた」まで入力していると次は「ー」になることがわかっているので、それ以外のキーボードはおせません。予測変換はWEBの世界でもかなり進化していますが、カーナビもなかなか賢いです。

NX710_02_07
予測候補を出してみました。
「東京タワー」が候補にあるので選択してみます。

NX710_02_08
地図が表示されました。表示の位置で問題なければ「決定」をおします。
位置がずれている場合は「微調整」で直接座標を指すこともできます。
自宅を登録する場合でも、名称から近所のランドマークを検索して微調整で合わせるという手もありますね。

さて、自宅の登録方法は以上ですが同じような手順で登録地を400件まで登録することができます!絶対使いきりませんねw 実家とかよく行く友達の家とかはまず登録しておくと、あとあと便利なのでオススメです。それから、面倒かもしれませんが、泊まりの旅行などに行くときも目標のレジャースポットを先に登録しておくと後で楽できそうですね。

目的地を検索する

さて、事前に登録しておく方法を紹介したのですが、もちろん都度検索することもできます。ここでは、Smoonaviのユニークな検索方法である「TV・雑誌」で調べてみようと思います。

NX710_02_09
目的地ボタンを押すと、写真の右下のように「他の検索方法」というメニューがあります。

NX710_02_10
「TV・雑誌」というメニューがあるのでこちらを選択します。

NX710_02_11
「番組・雑誌」に進みます。

NX710_02_12
番組・雑誌の一覧が表示されるので調べたいものを選びます。なぜか、結構好きな「ウチくる!?」を選んでみます。

NX710_02_13
お店の一覧が表示されました。ここでお店を選べば地図が表示されますので、ガイドを始める事ができます。

使ってみて思ったんですが、TV・雑誌で調べる場合もお店の名前が分からないと辿りつけない気がします。手元に雑誌がある場合は別ですが、そうでない場合は割と曖昧な記憶の中でお店を探すので一覧で表示されても正しいお店を見つけられないかなと。そういう場合に場所とかジャンルとかで絞りこめると良いのですが(できるのかな?)

ナビ中の画面

DSC_0404
今度はナビ中の画面です(夜なので手ぶれしちゃってます、ごめんなさい)。
ルートは黄色で目立つように表示されていて、設定で周辺のレストランとか駐車場とかをリアルタイムに地図に表示することができます。交差点などの前では設置されているものとほぼ同じ標識がでるのですごく分かりやすいです。

DSC_0405
表示を3Dに変更してみました。見やすいかどうかは人によると思いますが、なるべく目で見る景色と同じになっていてほしいという人はいると思うのでカーナビには必須のモードですね。

DSC_0406
あとこれも常識なんでしょうけど、ルート中の曲がり角では、ズームされた地図が表示されます。合わせて「〇〇メートル先、右方向です」などと音声のナビが入るので曲がり忘れもありません。相方に聞くと何気に嬉しいのが、まさに曲がるというタイミングで「ここを右です」などとアナウンスされるのが良いと言うことです。細い曲がり角が続くようなところではなかなか分からなかったりするんですが、「いま!」と言ってくれれば間違えないですし、間違えてもすぐ気付くんですよね。いやー、すごいなぁ。

まとめ

そうそう、始めに言っておかなきゃいけなかったんですが、ボクがカーナビを使うのは実家の車についていた多分10年前くらいのモデルの物の記憶なので、機能的な部分の進化というのは全然追いついてないです。なので、今のカーナビだったら普通のことでも素直に驚いちゃうw

インターフェイス的にも特に取説を開かなくても目的地へのルート検索などできましたし、さすが長年使われているシステムなんだなぁと関心しています。さて、次はエコ機能などをレビューしようかな。

レビュー記事一覧

12330-2785-179479
12330-2785-179479

クラリオン Smoonavi(スムーナビ) NX710 ワイド7型 VGA 2DIN 地上デジタルTV/DVD/SD AV-Naviシステム
B003O7COIW

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil