【復旧済】eNomのDNS障害でCreazy!および関連サービスが一時アクセス不能になっていました

eNom - domain name, web site hosting, email, registration

eNomは米国大手のインターネットドメイン販売会社・レジストラですが、このDNSサーバが大規模なDDOS攻撃を受けてサービス停止、このDNSを利用しているサービスに影響がでていました(2015-03-10 11:00時点で公式発表なし)。

Creazy!や関連サービスではVALUE DOMAIN(以下VD)でドメインを管理しており、VDが推奨しているeNomのDNSを利用していたところ見事に影響を受けアクセス不能な状態になってしまいました。

○確認した症状:

 上位レジストラeNomのネームサーバー(dns1-5.name-services.com)を利用している
 ドメインにおいて、名前の解決が不安定になっている


○障害発生日時:

 2015/03/09  15時頃 ~ 

via: 障害情報

VDのアナウンスに従い、DNSサーバをeNomからVD提供のものに切り替え、18時過ぎに復旧しました。

特にコアユーザーの多い、Amazonアソシエイトタグ生成ツールのAmaQuickでバックエンドのAPIとしてcreazy.netドメインにリクエストしているのですが、そこがアクセス不能になりツールも利用できない状態になってしまいました。複数のブロガーさんからご連絡をいただきすぐに気付く事ができました、ありがとうございます。

以下、バリュードメインとeNomのツイートを貼っておきますが、VDは早々とDDOS攻撃の可能性を示唆、eNomは慎重に調査を進めてから発表となりそうですね。

eNomのDNSは復旧したということで、元に戻してもよいのですがとりあえず様子をみています。VDのDNSについても何度かトラブルがあったようであまり信用に足るものとも思えず・・・。本来ならそろそろAWSのRoute53とかに全部移すべきかもなぁと思っております。

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil