Adobe Creative Cloudコンプリートプランを約半額で契約!

どうもWEBエンジニアというかWEB何でも屋になりつつあるヤガーです。

私本職はプログラマですので、クリエイティブ職のプロツールであるAdobe製品については必ずしも必要ではなかったんですが、写真好きということもありPhotoshopとLightroomが使えるAdobe Creative Cloudフォトプランのお世話になっていました。ところがフリーランスになると、WEB制作全般が守備範囲となり、場合によってはIllustratorが必要になることもしばしば。そのたびに知り合いのデザイナーさんに厄介になったりしていたのですが、色々仕事の都合もありイラレを導入することになりました。更に、写真ばかりでなく動画もいじりはじめていたこともあり、この際全てのアプリを使えるコンプリートプランを契約することにしたのです。

ここで気になるのがお値段です。クラウドライセンスのCCになったことで月払いなどが可能にはなりましたが、コンプリートプランの定価は「59,760円」(年間/税別)です。うーん、まあまあ高いですよ。んで何か安く済ます方法はないのか?

2017-04-20_adobe_creative_cloud_sale

ありましたよ。デジハリの「Adobeマスター講座」です。

デジタルハリウッド オンラインスクールの「Adobeマスター講座」

デジハリといえば、我々IT業界では名のしれたデジタル専門スクールです。そのデジハリが運営する動画授業版がオンラインスクールということなんですね。

つまり、このオンラインスクールを受講することで学生扱いとなり、学割価格でライセンス購入できるという仕組みです。

ちなみに、コンプリートプランの学割価格は23,760円(年間/税別)となっているので、

オンラインスクール受講料 ... 7,140円
Adobe CCライセンス料 ... 23,760円
合計30,900円(税別)

ということですね。
え、受講料7,140円って安くね?と思われるかもしれませんが、受講できる動画はAdobeソフトの基礎教材で、今後上位コースを受講してくれることを期待してのエントリー価格ということみたいです。

とはいえ、Adobeソフトはもちろん全て使えますし、商用利用も問題ありませんのでお得以外の何物でもないですね。

めざせAdobeマスター!

とりあえず、制作業務で必要なIllustratorはもちろん、動画制作ではPremiere Pro、プロジェクションマッピングのオリジナルアニメーション制作にはAfter Efectsなどの導入を目論んでおり、参入障壁の高いソフトでもありますので、動画授業でしっかり学んでものにしたいと考えています。

ああ、思いっきりデジハリさんの宣伝みたくなっていますが、ステマではありません(笑)
「Adobe Creative Cloud」が48%オフで手に入る! | Web、CG、映像、アプリ、造形はデジハリの通信講座

ちなみに、コンプリートプランは必要なくてPhotoshop/Lightroomだけでいいやって人はフォトプランがお得ですが、さらに、たまにセールになるAmazonで年間払いのオンラインコードを買うとお得になりますので要チェックです。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版
B00M3X5STU

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil