古本屋で新書を漁る

漁る(あさる)という表現がピッタリだな・・・。
ウェブ進化論以来、もともと活字が結構好きだった俺は本を読み始めたのだが、主に電車で読むので新書とか丁度良い。で、ちょっと前に古本市場が近所(しかも家と最寄り駅の間)にできたので頻繁にチェック。新書の類は大体105円なので嬉しい。

これからもベストセラー系をねらってたくさん本を読もうと思う。
という意味を込めてリスト化してみた。

  • 既読:
    • ウェブ進化論 -本当の大変化はこれから始まる
    • グーグルGoogle 既存のビジネスを破壊する
    • バカの壁
    • 超バカの壁
    • 下流社会
    • さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
  • 未読:
    • 不幸論
    • 頭がいい人、悪い人の話し方
    • 頭がいい人、悪い人の<言い訳>術
  • 未購入(古本入荷チェック中):
    • 国家の品格
    • 死の壁
    • 頭がいい人、悪い人の“口ぐせ”
    • グーグル・アマゾン化する社会
    • 人は見た目が9割
    • 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

ウェブ系を除けばジャンル無しの売れ筋である事は明らか。
あえて選ばずに世間一般の人が何を読んでいるのかを知るために読んでいるから、格好つければマーケティングみたいな意識か。ま、ベストセラーと言っても良書ばかりではないが(善し悪しは人にもよるし)。

そんなこんなでここでもちょくちょくレビューとか書いていくかも。
オススメ本があったら教えて下され。

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil