短パン少年

マイミクのyumiちゃんの日記を見てたら急に大昔の事を思い出してしまった。何を隠そう、俺は短パン少年だったのだ。短パン少年とは言うまでもなく、1年中短パンをはいて暮らす少年の事であり、小学校くらいまでは必ず学年に何人かはいたものだ。ちなみに俺は小学4年(か5年)まで長ズボンをはいた事がなかった。いや、正確にはスキーにいくときはスキーウェア(オーバーオールみたいなの)をはいてたので例外になるけど、普段着としては本当に1枚も持ってなかった。

そんな俺が初めて長ズボンを買ってもらったのは4年(か5年・・・しつこい)の林間学校の時だ。山の中の宿泊施設に泊まってオリエンテーリングとかをやるっていうありがちな校外学習だが、「朝夕冷え込むので防寒対策をしっかりとして下さい」的なお知らせがあったらしく、ジャージの長ズボンを買ってもらった。確か紺色のノーブランドのやつだったと思うんだけど、おそらくアピタヨーカドーで買ったんだろうな。少年野球クラブの友達とかはちゃんとしたスポーツメーカー(スーパースターとか、しかも上下!)のを持ってて羨ましかった記憶があるが、ジャージがあまりに温かくてメーカーとかどうでも良くなった。

しかし冷静に考えてみれば、いくら林間学校が寒いっていっても雪降るよりは温かいよね?雪降ってても短パンですごしてた日々は一体何だったのか?冬の寒い時に鼻が赤くなって、よく「トナカイ」と言われてからかわれていたが、その時の下半身はどうだったのか!小さい頃の自分は謎だらけだ。

ちなみに、ウィキペディアには、「短パン」と「半ズボンショートパンツ)」の正確な説明が書いてある。俺のいう「短パン」とはもちろん、かつてB'zの稲葉さんとかTOKIOの長瀬くんがはいていた激短いやつの事である。

参考:YouTube - TOKIO [PV] LOVE YOU ONLY
→多分彼らなりに真剣にやってるんだけど、かなり笑えるので必見。

そういや、この頃みないなー。短パン少年。


人気ブログランキング←元短パン少年にエールを送るクリック

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil