「FileZilla」Macで使える"Window風"なFTPクライアント

今回はMac用のFTPクライアントソフトのご紹介。

FileZilla - The free FTP solution
FileZilla

Macがメインマシンになってから早1年以上立ちますが、FTPクライアントはCyberduckを愛用していました。でも、仕事ではWindowsを使っているので、大昔から使っているWindowsの定番FTPクライアントであるFFFTPの使い心地からは抜けきれない感じです。

で、恐らくこの使い勝手の良さはローカルとリモートのディレクトリを左右に並べて表示する2カラム構成が良かったんじゃないかと思いますが、FileZillaでも同じ様に2カラムで表示できるのでちょっと試してみました。

Download & Install

まずはインストールです。

FileZilla - The free FTP solution
FileZilla DL1
FileZillaのサイトにいって「Download FileZilla Client」をクリックします。

FileZilla DL2
Downloadページでは各OS毎のリンクが並んでいます。(Windows版/Linux版もあり)
中段のMac OS Xからオレの場合は(intel)のヤツをクリック。
sourceforgeのサイトに遷移するのでローカルマシンにダウンロードして下さい。

圧縮された状態なので、解凍したappファイルを「アプリケーション」フォルダに放り込めばインストール完了

スクリーンショット

FileZilla screeshot
FileZillaは2カラムですが、ほとんど全ての情報を1画面に表示しているのでギュウギュウ詰めの状態です。左右で見やすいとはいえ、この情報量は好みが分かれるかもしれませんね。
(1)FTPコマンド(バックグランドで実行されているFTPコマンドログが表示されます)
(2)ローカルマシンのディレクトリ階層
(3)リモートサイトのディレクトリ階層
(4)ローカルマシンのファイル一覧
(5)リモートサイトのファイル一覧
(6)ファイル転送状態

まとめ

WindowsからMacへの乗り換え組にはインターフェイスが使いやすいソフトかもしれません。
というか、Macでこういうインターフェイスはあんまりない気がします。
このWindowsライクなインターフェイスに "違和感" を感じ出したら、一人前の "マカー" になれるかも。

使い勝手としては、落ちたりもしないし非常に安定しています(いまのところ)。
しばらくは、Cyberduckと併用していこうと思います。

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil