Nslookup API を作りました

前回はnslookupをPHPで実現してみたのですが、
nslookupをPHPで実装する簡単なサンプル

折角なのでAPI化して誰でも使えるようにしてみました。
Pipes: Nslookup API

例のごとく、Pipes化しておいたのでRSS、JSONP、PHPシリアライズなど多様な出力形式に対応しています。以下、使い方の説明です。

基本的な使い方

searchパラメータに調べたいIPあるいはホスト名をセットするだけです。
例えば「www.google.co.jp」を調べたい場合は下記のようにします。
http://pipes.yahoo.com/yager/nslookup?search=www.google.co.jp

「www.google.co.jp」には複数のIPがふられているようなのでカンマ区切りで出力されます。

選択した文字列からIP|ホスト名を調べるBookmarklet

基本的な使い方の例として、ブラウザ上で選択した文字列をsearchパラメータに渡してnslookupするBookmarkletを作ってみました。

Select to nslookup
上のリンクをブックマークして下さい。

javascript:(function(){var d=document,w=window;if(d.selection)r=d.selection.createRange().text;else if(w.selection)r=w.selection.createRange().text;else if(d.getSelection)r=d.getSelection();else if(w.getSelection)r=w.getSelection();else r='';window.open('http://pipes.yahoo.com/yager/nslookup?search='+r);})();

JSON(P) API

jsonで出力したい場合は _render=json パラメータを付けます。
更に、jsonpで受けたい場合は _callback=コールバック関数 を指定します。

http://pipes.yahoo.com/yager/nslookup?_render=json&_callbak=callback&search=www.google.co.jp

例として、見ているサイトのホスト名からIPを調べるBookmarkletを作ってみました。
Nslookup this Site
上のリンクをブックマークして下さい。

javascript:v=function(json){alert('search : '+json.value.items[0].title+'\nresult :\n'+json.value.items[0].description.replace(/,/g,'\n'));};d=document;s=d.createElement('script');s.charset='UTF-8';s.src='http://pipes.yahoo.com/yager/nslookup?_render=json&_callback=v&search='+location.host;d.body.appendChild(s);void(0);

PHPシリアライズで呼び出す方法

Yahoo!Pipesでは新しくPHPで直接データ取得できる形式ができました。
一応、サンプルソースのせておきます。

<?php
$search     = "www.google.co.jp";
$req        = "http://pipes.yahoo.com/yager/nslookup?_render=php&search=".$search;
$serialized = file_get_contents($req);
$list       = unserialize($serialized);

if ( count($list["value"]["items"]) ) {

	// 検索したIPもしくはホスト名
	echo $list["value"]["items"][0]["search"]."\n";

	// nslookupが返したIP配列(ホスト名で検索したときのみ)
	echo implode("\n",$list["value"]["items"][0]["ips"])."\n";

	// nslookupが返したホスト名(IPで検索したときのみ)
	echo $list["value"]["items"][0]["hostname"]."\n";

	// searchと同様
	echo $list["value"]["items"][0]["title"]."\n";

	// nslookupが返した結果(ホスト名、もしくはIP(カンマ区切りで複数))
	echo $list["value"]["items"][0]["description"]."\n";
}
//var_dump($list);
?>

まとめ

APIでnslookupするようなケースがあるのか、いまのところ思い付きませんが、取りあえず自由に使って下さい。Pipesを通しているので10分くらいは結果がキャッシュされます。
Yahoo!Pipesのキャッシュ時間は10分間

それから、nslookupの結果は参照しているネームサーバによって変化します。
今回のAPIはオレが使っているXREAのサーバのnslookup結果をPipesに食わせているので、XREAサーバ(多分国内)のネームサーバからの結果という事になります。参照するネームサーバを特定したいとか、自サーバのnslookupを使いたいという場合は、前のエントリーでも参照して自分で作ってみて下さい。
nslookupをPHPで実装する簡単なサンプル

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil