VQ1005を「速写」&「省エネ」仕様に改造

1台しか買ってないので失敗した時のリスクを考えて改造するか迷っていたんだけど、自分の腕を信じてやってみる事にしました。VQ1005では定番ぽい、「速写」と「省エネ」の改造です。

vq1005 速写改造完成図

vq1005  省エネ改造完成図

いきなり完成図からのせちゃいましたが、一応手順等も記録しました。

使った道具はこちら。
vq1005  改造の道具
左から、
1)結束バンド(ホームセンターで20本50円)…省エネの絶縁体として利用
2)精密ドライバー…速写穴開けよう(別にネジは開けない)
3)カッター…切ったり削ったり
4)彫刻刀(小丸刀と切出刀)…切ったり削ったり

vq1005  コンロ
カッターをコンロで熱しているの図。
カッターとかドライバーとかを熱してからカバーにあてると簡単に切れる。
危ないから気をつけてね。あと、ライターでも問題ないよ。

速写仕様に改造

速写使用はカバー(オレのは黒い部分)を開かなくても写真が撮れる様にする改造。
基本的にはカバーを切ったり穴を開けたりするだけ。

vq1005  シャッターあたり
一カ所目はシャッターボタンのところ。
カッターをコンロで熱して簡単に切れました。

vq1005  レンズあたり
二カ所目はレンズの穴。
精密ドライバーをコンロで熱して簡単に開きました。
(もっと太いドライバーでやった方がキレイにできたかも)
「VISTA QUEST」のロゴがあるシルバーの部分は取っちゃいました。

省エネ仕様に改造

待機電力を節約するために絶縁体を挿入する方法をやってみます。
オレのVQ1005は電池のところに遊びがないので、絶縁体を挿入する隙間を作るため、電池の−極側にあるバネをハサミではさんで引っ張ってとっちゃいました。ここが一番リスキーだったようなきがする。

vq1005  絶縁体削り出し
結束バンドを適当な長さに切って絶縁体にします。
ちょうど穴空いてて紐を通すのに良いかなと思って。
ただ、思った以上に厚みがあったのでカッターと切り出し刀などで削りました。

vq1005  絶縁体チェック
ちゃんと電源が切れるかこまめにテスト。
電源付けといて、絶縁体を挿入して電源が切れるか…とかを確認。

vq1005  絶縁体を入れる穴
カバーに単4電池の+極がちょうどくるくらいのところに絶縁体を差し込むための穴をあける。
カッターを熱して差し込めば簡単に穴はあく。あとはバリとかを削ってキレイにすれば良いかな。

vq1005  絶縁体成功
ちゃんと絶縁体が挿入できました。
普段は紐かなんか通しておけばいいのかな。
ちょっと考えよう。

まとめ

と、いうわけで比較的簡単な改造ができました。
省エネは本当に効果を期待したいところ。
切ったり、削ったりした場所がガタガタなので後でなんとかしようかな。

以下のエントリーを参考にしました。ありがとうございます。
LUSH for MEN - 大地のリズム - | VQ1005 改造 の まとめ

「VQ1005 Tumblr」VQ1005で撮られた写真をTumblrで眺めたい
VQ1005と携帯の良い関係(にならなかった…話)
VQ1005は電池によって写り方が変わるのか
VQ1005で街撮り
ビスタクエスト「VQ1005」が届いて早速開封
トイデジカメ「VQ1005」を買いました。

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil