新型MacBook(Late 2008)を注文しました!

昨晩(というか今朝か)のAppleの新製品発表イベントでリリースされた新型MacBookを早速AppleStoreで注文しました。

New MacBook

今回のイベントでは意外なほどリアルタイム中継エントリーを上げるブログメディアが少なかったような気がしますが、購買意欲満々のオレはEngadgetで見てました(あとTwitter)。
結果的にMacBook(Late 2008)を購入した事は冒頭に書いたし、イベントの詳細は中継エントリーが詳しいので省きますがもうちょっとだけMacBook購入の経緯を書いておきます。

イベントで発表された製品群

「アルミ筐体」とか「899ドルPC」とか「タッチパネル」なんて噂まで飛び出していた今回のMacBookシリーズですが、結局発表されたラインナップは以下の通りでした。

  • MacBook Pro(Late 2008)
    • 2.4Ghz/2GBメモリ/250GB(SATA)HD ¥228,800($1,999)
    • 2.53Ghz/4GBメモリ/320GB(SATA)HD ¥288,800($2,499)
  • MacBook Air (Late 2008)
    • 1.6Ghz/2GBメモリ/120GB(SATA)HD ¥214,800($1,799)
    • 1.86Ghz/2GBメモリ/128GB(SSD)HD ¥298,800($2,499)
  • LED Chinema Display 24-inch/1920x1200/MagSafe電源 ¥98,800($899)
  • MacBook White 2.1Ghz/1GBメモリ/120GB(SATA)HD ¥114,800($999)
  • MacBook (Late 2008)
    • 2.0Ghz/2GBメモリ/160GB(SATA)HD ¥148,800($1,299)
    • 2.4Ghz/2GBメモリ/250GB(SATA)HD ¥184,800($1,599)

「899ドル」はシネマディスプレイの事だったんですね・・・。
MB、MBP、MBAで共通している特徴としては、アルミの"unibody"ケース、LEDバックライトディスプレイ、NVIDIAグラフィック、マルチタッチ対応のガラストラックパッド、MiniDisplayPort端子あたりがあります。

迷う事無くMacBook(Late 2008)

もしかしたら、多くのMacファンは新型MacBookファミリーの発表にそれほど驚かなかったかもしれませんね。というのも「タッチパネル」とか「899ドルPC」とか派手な噂が飛び交ってしまったために、地味(にみえる)なスペックアップだったラインナップは物足りなかったかもしれません。

ただ、ここからは完全に主観になりますが、オレにとっては新型MacBookが正に求めていたモデルだったような気がします。
自分が欲しいのは開発もするメインマシン、かつ、どこにも持って行けるサイズなのでProでは大き過ぎるし、Airでは容量的に厳しかったりするのです。(MacBookは一応アルミになったせいかちょっと軽くなった。つっても2キロは超えるけど…)

それからアルミボディになったのは強度的にはかなり大きいです。パームレストが割れたりめくれたりプラ筐体の現行MacBookの強度はかなりヒドいと思っているのでその部分が改善されるだけでもかなりポイント上がります。

まとめ

さて、「迷う事無く」と言ったわりに唯一ネックだったのはお値段です。
現行モデルより約100ドルは高くなってしまったのでそこはちょっと痛かった。しかも、「899ドル」の噂もあったので更に高くなった印象を受けちゃいますよね。ただ、冷静にスペックを見て特にMacBook Proとの価格差/性能差を見てやればMacBook全然高くないぞと思う訳です。

まあ、過去の経験からApple Careにも加入したのでプラス3万円。完全に予算オーバーしたんですが、相方に来月の誕生日プレゼントと再来月のクリスマス分まで前借りの確約をして、白い目で見られながらもなんとかやりくりして行こうと思います。

到着予定は来週です。いやー楽しみだー。

MacBook (Late 2008)
Apple Store(Japan)

MacBook Pro (Late 2008)
Apple Store(Japan)

新型MacBook(Late 2008) の良さは触ってみないとわからない
新型MacBook(Late 2008) が届いたよ!
Amazonに新型MacBookシリーズ登場してます
新型MacBook(Late 2008) は10月23日に到着予定
新型MacBookファミリーにピンとこなかった人に整備済製品をオススメ

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil