VirtualBox 3.1.4 for Mac に Windows XP をインストール

以前、図解:Windows7 beta を VirtualBox for Mac OS X にインストールする手順(ベータに付き全部無料)というエントリーで書いた通り、どうしてもWindowsで確認しなくてはいけない場合は、Windows 7 RC版を使っていたのですが、Windows 7 が正式に発売され、すでにベータ利用はできなくなっていたので、前にParallels用に買って今は使っていなかった懐かしのWindows XPをインストールしてみました。

基本的に手順はWin7と変わらないのですが、一応キャプチャーなどを張っておこうと思います。

100204-0001
まずは、新しい仮想マシンを追加するために、左上にある「新規」ボタンを押します。

100204-0002
すると、「新規仮想マシンの作成」ウィザードが立ち上がるので、「次へ」を押します。

100204-0003
仮想マシン名とOSタイプを選びます。Windows XPなので、

  • 名前を「WindowsXP」
  • OSタイプはOS「Microsoft Winodws」、バージョン「Windows XP」を選択しました。

100204-0004
次にメモリの割当ですが、MacBookには4GBつんでますが「768MB」くらいを割り当てました。

100204-0005
次に、仮想ハードディスクの作成ですが、新規で作成するので「新規ハードディスクの作成」を選んで次へ

100204-0006
今度は「新規仮想ハードディスク作成ウィザード」が立ち上がりました。次へ

100204-0007
ストレージタイプを選びます。ここでは「可変サイズのストレージ」(必要に応じたファイル容量を動的に追加する)を選びました。

100204-0008
仮想ディスクの場所とサイズは、分かりやすく「WindowsXP」というフォルダを指定し、サイズは「20GB」としました。インストール直後に4GB強のサイズを使いますが、Macとフォルダ共有などもするので、これくらいあれば十分だと思います。

100204-0009
新規ハードディスクの情報が問題なければ「完了」で作成します。

100204-0010
新規仮想マシンの設定に、今作ったハードディスクの情報が入りました。問題なければ「完了」で作成します。

100204-0011
ウィザードが終了して、登録した仮想マシン情報が入りました。更に設定をするため、「WindowsXP」仮想マシンが選択された状態で、上の「設定」ボタンを押します。

100204-0012
設定ウィザードでは、まず「システム」メニューの「マザーボード」タブでメインメモリが768MBになっているのを確認しつつ、使用しないフロッピーを「起動順序」から外します。

100204-0013
次、「ディスプレイ」メニューの「ビデオ」タブで、ビデオメモリを64MBに指定(こんなにいるかな)

100204-0014
「ストレージ」メニューで、左側のCD/DVDドライブを選択して、右側の「CD/DVDデバイス」で「ホストドライブ」を選択します。後で、MacBookのDVDドライブにWindowsのインストーラーCDを入れて読み込みますので。

100204-0015
次、「ネットワーク」メニューですが、ここがハマりポイントです。

Windows 7 RC版を入れてみた時は、ホストOSであるMacBookと同じセグメントのIPをゲストOSのWindowsでも使えるように「ブリッジ接続」を選択していたのですが、WindowsXPでは何度やってもうまくいきませんでした。また、「高度」を選択するとでてくるアダプタタイプも相性があるらしく、Windows 7で指定していたIntel系のアダプタが使えませんでした。

結局、ネットにつなげた組み合わせとして、
  • 割り当て:「NAT」
  • 高度:アダプタタイプ:「PCnet-FAST III (Am79C973)」
  • 高度:ケープル接続にチェック

となりました。(他にもいけるパターンあるかも)

100204-0016
「共有フォルダ」メニューの右側にある+アイコンを押してフォルダを追加します。

100204-0017
パスを選択するようになるので、分かりやすくDropBoxのフォルダを指定しました。

100204-0018
というわけで、詳細設定も終り。

ここで、WindowsXPのインストールディスクをドライブにセットして上のメニューから「起動」をクリックします。
これで、仮想マシンが起動しWindowsXPのインストールが始まるので、あとはお馴染みの手順でインストールとなります。

そうそう、念のため書いておきますがOSインストールが終わった後に下記忘れずに、
  • VBoxGuestAdditionsのインストール
  • Windowsのライセンス登録
  • Windows Updateの実施
  • あと、常用するようであればウィルスソフトとか

とまあこんな感じですね。
もはや仕方なくIE6で動作確認する以外はほとんど起動することもないと思いますが、一応環境持っておくと後々便利です。

Windows 7 Home Premium アップグレード
B002NH4M3Y

同じカテゴリーの記事

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil