AmaQuick 公式ページ

「AmaQuick」はアマゾンの商品ページからブログ用のアフィリエイトタグをコピペしやすくするためのスクリプトです。以下の機能を持っています。

  • amazon.co.jpの商品ページにブログ貼り付け用のアフィリエイトコードを表示し、すぐにコピペできます
  • COOKIEに自分のアソシエイトIDを設定・保存し、自動でHTMLに挿入できます
  • コピペ用のHTMLコードは自分用にカスタマイズすることができます
  • 商品画像の種類やサイズをプレビューを確認しながら選択できます

【2014/05/23 更新】
「AmaQuick」はChrome拡張機能として復活いたしました。
アマゾンのアソシエイトタグを最速でコピペする「AmaQuick」がChrome拡張機能として復活!

【2014/02/17 更新】
「AmaQuick」は旧「Amazon Quick Affiliate (JP)」から名称変更いたしました。
アソシエイトリンクを高速でコピペできるスクリプトを「AmaQuick」に名称変更

AmaQuickの推奨環境

最新バージョンでは以下の環境で動作確認をしております。

Firefox + Greasemonkey
Safari + GreaseKit
Google Chrome
※2014/05/23現在、UserScript版は正常に動作しませんGoogle Chrome拡張機能をご利用ください。

【Chrome拡張機能版】インストール・更新方法


Chromeウェブストアから拡張機能を追加してください。
Chrome ウェブストア - AmaQuick

機能詳細

AmaQuickをインストールすると、アマゾンの商品ページに↑のようなツールバーが登場します。まずは、「設定」タブから設定を行います。

「アソシエイトID」に自分のアマゾン・アソシエイトIDを登録してください。
「常に表示」にチェックを入れておくと、コピペ用のツールバーが常に開いた状態になります。結構スペースを使うので見た目を嫌う方はOFFにしてください。

「基本画像サイズ」にカスタムタグにデフォルトで使用される画像サイズをpxで指定してください。
「画像サイズパターン」に自分が利用する画像サイズを複数カンマ区切りで指定してください。

「テンプレート」に自分のブログで利用するためのHTMLコードを最大5つまで登録できます。テンプレート2〜4については指定していない場合は非表示になります。テンプレート名も変更できますのでコードのわかりやすい名前を付けておくとよいでしょう。
下記変数が利用できますので、適切な場所に配置します。

${aid}アソシエイトID1.0.0
${asin}ASINコード1.0.0
${title}商品名1.0.0
${title.enc}商品名(URLエンコード済)2.0.0
${url}商品URL (アソシエイトID含む)1.0.0
${imgid}画像ID1.0.0
${img}画像URL (${imgid}含む)1.0.0
${author}著者1.0.0
${author.enc}著者(URLエンコード済)2.0.0
${publisher}出版社1.0.0
${publisher.enc}出版社(URLエンコード済)2.0.0
${published}発行日1.0.0
${price}価格1.0.0
${formatted_price}整形済価格1.0.0
${price_type}価格種類(新品、中古品、…)1.0.4
${avg_rating}平均評価点2.0.0
${avg_rating_text}平均評価点(5つ星のうちX.X)2.0.0
${avg_rating_img}平均評価点 星画像2.0.0
${total_reviews}レビュー数2.0.0
${yyyy}現在年(YYYY形式)1.0.1
${mm}現在月(01-12)1.0.1
${dd}現在日(01-31)1.0.1
${hh}現在日(00-23)1.0.1
${mi}現在日(01-59)1.0.1
${ss}現在日(01-59)1.0.1

version 1.0.1 より価格の取得が可能になりました。
Amazonの価格は変動が激しいため、取得日時も表示するよう強くオススメします。

${formatted_price}(${yyyy}/${mm}/${dd} ${hh}:${mi}時点の価格)

また、version 1.0.4 より新品の価格が取得できない場合、中古品>コレクター商品>再生品の優先度で最安価格を取得するようになりました。

また、version 2.0.0 よりAPIでは取得できない★やレビュー数が取得できるようになりました。こちらも時間に寄って変化する値ですので取得日時も表示するようにしてください。

「設定してリロード」を押すと設定が反映されます。

「カスタムリンク」タブを押す(もしくは、設定で常に表示オプションをONにする)とカスタムリンクが表示されます、画像の種類・サイズの変更が簡単にできます。設定されたテンプレートに合わせてプレビューが表示されているので、確認してからコードをコピーします。

商品にメイン画像の他に画像が設定されている場合、画像リンクに使用する画像を選択することができます。また、画像サイズも選択でき、リアルタイムにプレビューを確認しながらコードも自動的に差し替わります。

あとは、ブログにコピーしたコードを貼り付けるだけです。簡単ですね!

カスタムテンプレート

デフォルトのテンプレート(テキストリンク+画像)

<a href="${url}" target="_blank">${title}</a><br />
<a href="${url}" target="_blank"><img src="${img}" alt="${asin}" border="0" /></a>

画像リンク

<a href="${url}" target="_blank"><img src="${img}" alt="${asin}" border="0" /></a>

テキストリンク

<a href="${url}" target="_blank">${title}</a>

他にも豊富なキーワード変数を使って自由にテンプレートをカスタマイズすることができます。便利なテンプレートができたらぜひお知らせください!@yagerやyager★creazy.net(星を@に読み替え)までご連絡いただけましたらこちらにリンクさせていただきます。

FAQ

Q1. 「Failed to fetch Amazon API」というエラーが出てAmaQuickが表示されない場合があります。
A1. Amazon APIが何らかの原因でエラーを返した場合に表示されます。大抵の場合は画面をリロードすることで解決します。

Q2. どうして無料で使えるのですか?
A2. 作者のヤガーが自分で利用したいために作っているものをみなさんにも公開しているからです。今後も無料で公開を続ける予定ですが、ほしい物リストにカンパなどいただけると励みになります!

関連エントリー

このページの一番上に戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Instagram
  • miil